パイプカットのよくある失敗例:再婚で子どもが欲しくなった

パイプカット後に子どもが欲しくなる可能性がある

パイプカットを行ったことを失敗だったと考える人もいます。避妊することの煩わしさから解放されたいという思い、子どもが欲しくないという思いからパイプカットを行う男性は少なくありません。しかしながら、手術を決心したときには子どもがほしくなくても、再婚などでやはり子どもが欲しいと思う人は多いです。パイプカットに失敗したくないのであれば、今後のライフイベントによって子どもが欲しくなる可能性を考えておく必要があります。
年齢を重ねるとともに自分の遺伝子を受け継いだ子どもを残したくなる人や、再婚した女性となら子どもを残したいと思う人は少なくありません。パイプカットを1度実施してしまうと、生殖機能をもとに戻すことはとても難しいことであると理解しておく必要があります。再婚などで子作りを行いたいと考えるようになっても、過去に行ったパイプカットによって一生子どもを持つことができない可能性があることを知っておきましょう。

再婚などで子どもが欲しくなっても再建手術には多額の費用が必要

再婚などによってパイプカットをしたことが失敗だったと思っても、生殖機能をもとに戻すためには多額の費用が必要となります。病院によって費用は違っていますが、平均では60万円前後のお金をかけてパイプカット再建手術を行うことになると知っておきましょう。多額の費用をかけて再建手術を実施したとしても、思うような手術結果が得られずに結局子どもを持つことができないケースもあります。
パイプカットを行ってしまうと再建手術は非常に難しいことであること、もとに戻すことができたとしても多額の費用が必要であることを理解しておきましょう。あなた自身にそれほど子どもを持ちたいという願望がなくても、再婚する予定の相手が子どもを希望していれば、パイプカットを実施していることが原因で再婚がなくなってしまう可能性もあります。パイプカットをして失敗したと後悔しないためにも、今後の人生をよく考えてから手術を実施するかどうか決めることが大切だと言えるでしょう。

まとめ

現在子どもを持ちたくない人にとって、パイプカットは非常に便利な手術のように思えるかもしれませんが、再婚後に子供が欲しくなった場合には手術をして失敗だったと後悔することになる可能性があります。実際に再婚などのきっかけで子どもが欲しくなる人は多いので、後から失敗だと思うことがないようにするために、パイプカットの実施は慎重に決めることが大切です。パイプカットを行うと再建手術はとても大変なことなので、今後の人生をよく考え、パイプカットを行うかどうか決めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です